Dancing in the Rain!

人生を楽しむブログ

36歳から自分の世界を作り始める ⭐

 

ただ今絶賛火星期(36歳〜45歳)のわたし。

 

火星はやる気と情熱、自己主張の星。
火星期は自分のやりたいことが分かってきて
情熱を燃やしチャレンジし、自分の世界を作っていく時期です。

 

  

30代中盤ぐらいまでに色んなところに行って
色々試してみたおかげで段々と
自分で何かをやってみたいと思うようになった。

36歳になるちょっと前から
自分のサービスを実験的に出してみたり、
その流れでタロットをやることになりました。

 

火星は獅子座の支配性なので俺様なキャラ。
タロットで言ったら皇帝かな?

 

f:id:yingtianyou:20170615192101j:plain

 

私は火星が獅子座にあるので、
さらにその傾向が強くなります。

下手したら協調性ゼロだったかも。。。

でも火星のすぐ横に土星があって、
その「オラオラキャラ」を調整してくれています。

土星はルールや倫理を守り、
物事は手順を踏んで進める、真面目で堅いイメージ。

現実的、地に足がついた感覚を求められる。
56歳〜70歳で使えるようになる星。

 

f:id:yingtianyou:20170323181358j:plain

 

タロットで言ったら法王かな。。。

若い頃は自分のホロスコープ土星がある部分のことは
苦手だったりします。

私の場合、まさに獅子座的なこと、
自己主張するのが苦手でした。

土星がある部分のことは逆に意識しすぎて
苦手と思うのもあるのかも。
自己主張しなきゃいと思ってて人の中にいるのが苦手でした。

 

やっと火星期になり、自分の世界を作っていこうと
思えるようになったら土星が味方をしてくれて
とても助かっています。

火星期まではアイデアはあっても形にできず
悶々としていたけど、土星が形にしてくれる
ペンタクル的な星なので結果を出しやすくなりました。

 

f:id:yingtianyou:20170417184237j:plain
ペンタクル8のように、コツコツ真面目にやってます。

 

しかも私の火星はMC合(MCと重なっている)なので
火星期の方が目立ちやすい、
人から注目されやすいようです。

MCは社会的な頂点、人生で向かう場所、方向性。

火星期に入って始めたタロット、
割りとすぐにお客様が来てくれたのはMCのおかげかも。

 

火星期は、火星を使う練習をする時期であり、
自分の攻撃力を磨いてコントロールできるようにする時期。

自己主張、体外的アピール、怒り、
そういったものを上手にコントロールして使えるようにすると
人生が自分の思うとおりに生きやすくなっていきます。

逆にこの時期に自分をうまく出す練習をしないと
周りから攻撃されたり、もっと年を取ってから
中二病みたいになって手がつけられなくなるそうです。

 

  

やりたいことを、やっておこう。
自分のしたいことを「したい!」と言おう。

あとでモヤモヤしないよう、
今はやりたいことをやりつつ火星を燃やしたいと思います。

 

 

yingtianyou.hatenablog.com